Let's have Plastic surgery

登録サイト集g

麻酔が進化し受けやすくなった脂肪吸引

術後の体の痛みが苦手で脂肪吸引を受けれないという人もいる様です。しかし、最近では痛みが苦手な人にとってありがたい麻酔法が誕生し、あちこちで使われる様になりました。

それは、テープの形状をした麻酔です。脂肪吸引を行った傷の上からガーゼではなくて、麻酔のテープを貼ります。たったそれだけで痛みがかなり軽減されるというのです。

最初の間は本当にそんな簡単な物で痛みが取れるのか疑問に思う人もいる様です。そのテープには麻薬の一種が使われている様で、痛みをコントロールする事ができるそうです。

また、手術の際に使われている麻酔の様に危険性は極めて低いと言われていますので、安心して使う事ができるでしょう。

相性を重視して美容外科で脂肪吸引を利用

医師との相性というのは、美容外科で脂肪吸引を利用する上で非常に重要性が高いという事が考えられます。美容外科で脂肪吸引を利用する際に、医師と直接話をしないといけない機会がありますが、その際に話がかみ合わないと感じる場合には、美容外科で脂肪吸引を受けるに当たり不安を感じる事もあるでしょう。

美容外科で脂肪吸引を受けるなら、相性がいいと思える医師が好ましいでしょう。しかし、美容外科で脂肪吸引を受けるといっても、人によって相性がいいと感じる医師は人によって違う事も多いに感じられます。人の意見を参考にするばかりではなくて、自分にとってどうかという事についてよく考えてみましょう。

マーキングが行われる脂肪吸引

どの部分に手術を行うのかという事をはっきりとさせる目的で、脂肪吸引の手術が行われる時にはその箇所にマーキングが行われる事もあります。脂肪吸引が行われる場所にマーキングを行う事によって、医師は間違ったりする事なく手術を行う事ができます。

脂肪吸引は人それぞれ元の状態や仕上がりの希望などは異なります。医師は患者との打ち合わせの内容を反映して脂肪吸引を行う必要があります。脂肪吸引では手術の時になって医師がなりゆきで手術を行うという事はまずありえないでしょう。細かい微調整などは医師が判断する事もあるかと思われますが、基本的には患者の希望に合う様に手術を行う事が求められます。

脂肪吸引体験者による口コミについて

大阪の美容外科で脂肪吸引を受けた体験者は、自分の気になっていた部分痩せをする事が出来たと満足していました。二の腕や下腹、横腹、背中など普段意識して動かす事の無いところについてしまった脂肪は中々落ちません。

ジムへ通いトレーニングをしていても中々落とす事が出来なかったり、時間がかかってしまう部分でもあります。常日頃から動かしていれば簡単に落とせるのですが、そういう人は少ないです。それだけ脂肪を落とすのが難しい部分を、脂肪吸引ではいとも簡単に落とす事が出来るのです。見た目もスッキリして脂肪吸引したとは思えないほどの仕上がりに満足度は高いです。

脂肪吸引だけでなくバストアップも行えるvaser

二の腕や腹回りなどの気になる部分をすっきりさせてくれる脂肪吸引ですが、これを利用して豊胸手術を行うこともできます。もともと自分の身体にあった脂肪を利用するため、安全性が高いことがメリットとしてあげられます。

近年注目されている脂肪吸引の器具に、vaserがあります。これは脂肪細胞に働きかけて皮下脂肪を溶かす超音波を出す器具で、痛みや出血が少なく、短い施術時間でダウンタイムも比較的少なくなっています。脂肪が気になる部分をすっきりさせて、バストアップも行えるvaserで、理想のスタイルを手に入れたいと考える人も増えています。

脂肪吸引のvaserは体への負担が少ない施術です

脂肪吸引にはいくつか種類があり、クリニックでも採用している治療法が異なる場合があります。治療法の中にvaser波を利用した脂肪吸引があります。ベイザー波で皮下脂肪を液体に溶かして、脂肪を吸引しやすくする治療法で、神経などの周辺組織に傷つけにくく、ダウンタイムも短く、出血も少ないなどの特徴があります。

また、皮膚のたるみが少ないということもメリットのひとつです。従来の治療法と比べるとvaserは手術時間が短いため体の負担が軽減され、効果は大きい治療法で、皮下脂肪の9割までの除去が可能でやせ形の体型であっても吸引が可能です。

豊胸手術・脂肪吸引に関する記事