Let's have Plastic surgery

登録サイト集g

脂肪注入を利用した豊胸手術

胸が小さいことに対して悩みを抱える女性の間絵は、豊胸手術への注目が高まっています。メスを使用した手術による豊胸だけでなく、近頃では脂肪注入などの方法を持って行われる施術方法も存在しています。注射を使うだけで完結できるため、身体に大きな傷が残ることもなく、どの程度の豊胸を望むのか、希望に合わせて施術を行う事が可能となります。

また費用も安く抑えられる他、施術時間も短く済ませられるため、気軽に受けられる施術方法でもあります。またvaserという脂肪吸引も人気が高まっており、超音波技術による痩身が期待されています。

豊胸手術、脂肪注入にかかる費用とは

豊胸手術、特に今はやりつつある、脂肪注入にかかる費用は一体いくらくらいなのでしょうか。「vaser」と呼ばれる最新の技術を応用したもので見てみましょう。こちらの中にも種類があり、半永久性の高いもの、そこまで永久性はないタイプなど…どのタイプの施術を受けるかにもよって異なってきます。

また基本的には両胸行うものとしていますので、他の施術よりも高めの設定になっています。1日で施術が完了するタイプのもので60万円弱、半永久性を望むのであれば100万円が相場と言われています。分割やカード支払いにも対応していますので、どういった支払いであれば可能なのかは要相談です。

脂肪注入の豊胸手術はどれくらい時間がかかる?

豊胸手術の一つである脂肪注入は美容整形で受けることができます。まずは予約をして、先生にどういった施術が理想の体に近づくには合っているのかを診てもらいます。(脂肪注入?シリコン?「vaser」?)どの施術で進めていくかを決めたら後はその手術まで、先生に言われたことに気を付けて過ごします。

基本的には受診してから1週間後くらいに手術といった形になる場合が多いようです。施術自体は120分から150分ほどで完了し、術後の腫れなどは個人によって差があるようですが、1週間もすれば引くことがほとんどです。無理な体勢を取らないように気を付けましょう。

脂肪注入による豊胸手術で注目を集めている施術

豊胸手術の中でも、一石二鳥で人気が高い施術が脂肪注入によるものです。こちらは自分の他の箇所の脂肪を胸にもってきて、豊胸するというものです。シリコンなどではなく自分の脂肪を使用するということで、アレルギー反応等も出にくく、またたるみが気になっている他の部分は痩せることができるので非常に様々な点で利点の多い施術です。

その中でも現在特に注目を集めているのが「vaser」と呼ばれるものです。こちらは脂肪細胞そのものを胸に移植して、胸を大きくしようとするもので、こちらは脂肪そのものを移植するよりも余計なものが含まれている可能性が非常に少なく、今までの施術よりもより自然にボリュームを出すことができます。

豊胸手術における脂肪注入の詳細について

日本人においては、欧米や南米の人に比べて胸は小さい傾向にありますので、豊胸手術を希望する人が多くいます。医療の発展とともに多くの施術が可能になり、患者さんの希望に合わせた施術を担当のドクターが提案してくれます。

方法としてはバック挿入やヒアルロン酸の注入、脂肪注入などさまざまです。希望する大きさや仕上がりによって、施術の方法が決まります。近年注目を集めている施術法として、脂肪吸引のvaserがあります。高い評価が得られることでも評判を得ていて、資格を要する機器となりますので、施術できる場所が限られています。

vaserを併用した豊胸手術

豊胸手術にはいくつかの種類がありますが、もっとも自然にバストアップができる方法が余った脂肪を注入するという方法です。このさいにポイントとなるのが脂肪吸引の方法で、脂肪吸引の良し悪しが自然な乳房を作ることができるか、また失敗によるリスクに大きく影響してきます。vaserはスタンダードに使われている脂肪吸引で、皮下脂肪の9割まで除去が可能です。

さらに超音波を用いて脂肪細胞を砕きながら吸引するので不純物が混ざりにくく、豊胸手術にその脂肪細胞を注入したさいには定着率が良く、失敗のリスクを最小限にすることができます。

一般社団法人 大阪府医師会

〒543-8935
大阪市天王寺区上本町2丁目 1番22号

HP

豊胸手術・脂肪吸引に関する記事